糸掛け曼荼羅

糸掛け曼荼羅とは?

糸かけ曼荼羅とは、

曼荼羅アートの1つで、

木製の板などの台にピン(釘)を打ってピンに糸をかけて作ります。

 

ある規則性を元に糸をかけていくと曼荼羅模様が出来上がります。

ピンに糸をかけるから糸かけ曼荼羅です。

(itomandala.comより)

宿主サンタの声

「暇やったもんでネットサーフィンしてたら出会った。簡単そうなのでやってみたらハマった。世の中は便利になったもんだ。YouTubeとかで先生はたくさんいる。これにハマった大きな理由はすぐ出来ること。あれ(写真1)は3時間あればできる。ちょっと色が違えば一からだし、会わんと思っていた組み合わせが綺麗になったり、ハマる要素もある。糸を重ねていくのだけど、そのたびに雰囲気が変わっていくのがとても綺麗。」

写真1

ワークショップについて

ワークショップやるよ~。糸掛け曼荼羅に興味がある方、宿主サンタがレクチャーします!

詳しくはこちら!