宿主サンタによる「糸掛け曼荼羅ワークショップ」について

糸掛け曼荼羅とは?

糸かけ曼荼羅とは、

曼荼羅アートの1つで、

木製の板などの台にピン(釘)を打ってピンに糸をかけて作ります。

 

ある規則性を元に糸をかけていくと曼荼羅模様が出来上がります。

ピンに糸をかけるから糸かけ曼荼羅です。(itomandala.comより)

ワークショップメニュー

【内容】
台はこちらで用意し、糸の掛け方をサンタがお教えします。
作る曼荼羅の難易度などにもよりますが、1時間半~2時間半ほどで完成します。

【料金】
宿泊者1500円
一般 3000円

【予約方法】
宿主サンタに直接お申し出ください。当日予約も可能です。

ワークショップの様子

台には既に釘が打ってあります。

 

 

 

 

 

 

掛ける糸の色を選びます。

宿主サンタが糸の掛け方を教えます。

2時間弱で完成!